藍色の空

この先にあるもの・・・・・・・・

だいじょうぶなのかな

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

|

ばっかみたい!

GWの只中、彼と明日は逢えそうだとLINEのやり取りをしている最中に
長男夫婦が用事で昼過ぎに顔を出すと言って来た。

あちゃー・・・丸々一日の外出が出来ないじゃん。
彼も野暮用を抱えていたので、遠出の予定はしていなかったけど。

どうせ息子たちの滞在時間なんて1-2時間のことだから
その後に逢えればいいかな。と考えつつ、そんな話をLINEに送った。

既読にならないまま30分程経過したタイミングで返って来たLINEは
『やべっ!気配を消しといてください』

あとで考えれば笑っちゃうような誤解というか早とちりというかなんだけど。

ちょうど夜の8-9時という家族団らん時間帯だったから
リビングに放置したスマホにじゃんじゃんLINEが入って
ポップアップで誰かに見られたとか?と咄嗟に思ってしまって
気配を消せと言われたのに『どしたの?』と送ることも出来ず
夜中になったら顛末を知らせてくれるだろうとそのままにしたのに
気付いたら音沙汰もないまま、既に寝ているだろう2-3時。

翌日になってもスマホは沈黙したまま・・・
LINEひとつ送れない状況ってなんなのー!
久々に、心配やら不安やら、どきどきそわそわしながら過ごしていたら

11時近くになって『なにしてるー?』

はぁ?どゆこと?

彼は自分の野暮用を済ませたところだと言うので
だからぁーと夕べからの事をやり取りしているうちに・・・
あれ?気配を消すって、もしかしてうちにある彼の気配のこと?

もうね、ばっかみたい!
ひとりでわたわたしちゃって。

| コメント:4 |

夢みたい・・・

昨日は寒の戻りという程に寒い冷たい雨の一日だった。
こんな日こそ、お迎えに来てもらえたら嬉しかったけど
定時上がりで帰りたいと決めていたから、そんなことは言わずに帰宅した。

食事を済ませ、お風呂で温まって寝ようと考えていたら
『残業してるの?』とLINE
冷たい雨を気にして、お迎えに来てくれようとしたのかな。

そう思っていたら
『あのね・・・明日ね・・・○○で朝早いから遠い自宅には帰らないの』

あれ?
なんだぁ。じゃ、残業しててもお迎えは頼めなかったんだ。

ところが・・・
『でもぉー、実家には帰ると言って、mikoの所に泊まろうかなぁ』

えっ?
嘘は下手だからつかないって言ってたじゃない。

小心者の私は、そういう時に限って何かあったら・・・と怯んでしまうから
諸手を上げて「わーい!やったぁ!」とは言えないかったけど
私がお風呂から上がった頃、朝ご飯のサンドイッチを提げてやって来た。

いつもお昼寝しているお布団で朝まで一緒。
もちろんシングルサイズの布団だから
はみ出てない?寒くない?ちゃんと寝られてる?
気になってちっとも寝た気がしなかったけど
それでも隣に彼の温もりを感じて朝を迎えられたことは嬉しかった。

出勤時間が、私より1時間早かったから
いってらっしゃいのkissをして
エレベーターホールでお見送り。

彼は朝からそのつもりでいたのかも知れないけれど
私にとっては、突然降って湧いたような出来事だったから
サプライズのプレゼントみたいで
一日中不思議な気分だった。

彼と私 | コメント:2 |

最近の彼

以前、どこかのブログで読んだこと。

 こういう関係の女性が言いがちな言葉に
 「私と会っていて大丈夫なの?早く帰った方がいいんじゃないの?」と
 逢瀬の最中に、相手を気遣っているような事を言うのは間違っている。
 一緒に過ごす時間を作ってくれた彼に感謝して
 一緒にいる間は二人の時間を楽しむこと。
 そして、時間なったら、我儘を言わずすんなりとさよならすること。

なるほどなぁ・・・と思ったっけ。
確かにそうだ。
一緒に過ごす事を楽しもうと思って来たのに
帰った方がいいと言われたんじゃ・・・ねぇ。

だから、彼側に何か問題が発生したことを聞かされても
「逢ってて大丈夫なの?」とは言わない。
逢わない方が良ければそう言うだろうし
彼が逢うことを選んだのであれば、それでいいのだろうし。

だけど・・・

最近、彼の家庭で起きているのは
昨年推薦で大学に進学した次女のこと。

こういう関係でありながら私たちは、自分の家庭での問題を隠さず口にする。
相談という形になることさえある。
うちには女の子はいないけれど、子育てでは少し私の方が先輩だしね。

で、この次女の話を聞くにつけ
もっと心から向き合うことが必要なんじゃないかと感じる。
家族なんだから、いちいち口にしなくても分かるだろうと思っているのかも知れないけれど
きちんと言葉にしなければ伝わらない事や
あえて言葉にしなくてはならない事ってあると思う。

それなのに、私の存在が彼の家庭での時間を奪っているじゃないかって。

私と過ごす時間は、楽しい事しかないもの。
家庭での面倒な事や、心悩ます事柄から解放されて
私の存在が癒しになるのなら、それは嬉しい事だけど
向き合わなければいけない事から逃げる口実になってないかなって。

例えそうだとしても、それも彼が選んだことだから
私がとやかく言う話ではないけれど
子を持つ親として、色々思ってしまう・・・・・。

| コメント:2 |

最近の私たち

そりゃ、今でも不安が無いわけじゃない。
でも、以前は彼の気持ちというか心というか
私たちの間の不安が大きかった。

それはもう大丈夫・・・って、変かな?
でも、淋しい時はあっても不安とは感じなくなった。
私が彼を好きなだけじゃない。
彼も私を大切に思ってくれてると感じるから。
この関係である以上、外に対する不安は無くなるわけはないしね。


彼が変わったなって思う。
とても些細な事なんだけど、心許して自然に私に頼んだり預けたり。
以前なら、私は手出し出来なかっただろうなというようなことが。
彼は気付いていないのかもしれない。
私にしたって、こうやって改めて考えないとわからないぐらい自然なんだもの。

周りの変化に伴って変わってきた関係。
それは一緒に過ごせる時間という物理的なことばかりじゃなく
心も一緒に、ゆっくりゆっくり変化してきてるのかな。
求める心は最初から変わらなくても・・・

もともとイベント事とは無縁な付き合い方だったから
一緒に過ごすといっても同じようなことばかりなのに
飽きた?という会話があっても
逢うことを止めることには繋がらない。
デートというより、一緒に居ることが生活の一部のようで。

だから書くことが見つからないよ・・・(笑)





彼と私 | コメント:0 |
| ホーム |次のページ>>